BRAVE FIGHT vol.13 大会詳細

BRAVEFIGHT13 

■ 日付: 2016年7月3日(日)

■ 時間: 12:00 OPEN 13:00 START

■ 場所:

■チケット:RS8000 立ち見4000 ※当日500円up

   
対戦カード

プロMMA メインイベントフェザー級 1R 2:38 TKO(パウンド)】
5月にアウトサイダー元王者のRYOに勝利した加藤がメインイベント。
開始打撃の打ち合いの末右ストレートでダウンを奪いそのままグラウンドの展開。強いパウンドを連打、パウンドが効いた岩本が亀になりレフェリー試合を止めた。勝利後、マイクで亡き友人へ勝利を捧げると語った。

加藤貴大(BRAVE) VS × 岩本一貴(CrazyArmanent)


【プロMMA セミファイナル 57kg契約 1R 2:20 TKO(パウンド)】

序盤様子を見合う両者。竿本が打撃のフェイントからタックルしテイクダウンに成功。そのままトップキープしマウントから三角でキャッチ、パウンドを落とし続けパウンドアウト。  

竿本樹生(BRAVE) VS × 印度 DATE(TEAMDATE)



【プロMMA 第10試合 フライ級 2R 3:15 TKO(パウンド)】
 
1Rから終始朝日向がトップキープ、三角、十字と試合をコントロール。1Rは朝日向が完璧に採った。2Rも同じ流れの中小籠が必死に動きバックを奪うそのままネルソンで朝日向の動きを封じパウンドを浴びせ続けTKO。小籠DATEが大逆転で勝利した。

朝日向 大貴(BRAVE) × VS   小籠 DATE


【プロ女子MMA 第9試合 49kg契約 2R 3:09 一本(リアネイキドチョーク)】
同じくジュエルスからの連戦の桐生と蓮珠DATE。TeamDATE特有の遠い間合いからの前蹴りや、サイドキックが次々と決まるもパンチ、蹴りでプレッシャーをかけ組み付きテイクダウンに成功。1R終了間際桐生がマウントから腕十字であわやタップというところで1Rゴング。2R開始直後激しい打撃の応酬の末、桐生がテイクダウン。バックを奪いそのままリアネイキドチョーク。これがガッチリ極まるも蓮珠タップせずそのままレフェリーが試合を止めた。

桐生祐子(BRAVE) VS × 蓮珠DATE(TEAMDATE)


【プロ女子MMA 第8試合 アトム級 判定3-0】
6月のジュエルスに続きTeamDATEと戦う三阪。真里DATEも同じくジュエルスでBRAVEの桐生と対戦した。スタンドでは打撃は互角もグラウンドでは三阪が終始トップキープし十字、マウントから三角と攻め三阪がストレートで判定勝ち。

三坂あゆみ(BRAVE) VS × 真里DATE(TEAMDATE)


【セミプロMMA 第7試合 ウェルター級 1R 0:25 KO(左ストレート)】
名門アマチュアボクシング部出身で国体準優勝の実力を持つ岸本がMMAデビュー戦。相手の松本はアウトサイダーで活躍するグラップラー。開始お互い様子を見る。松本の左ロー決まるも直後岸本の左ストレート1発で松本ダウン。追い打ちなしでレフェリーが試合を止めた。

岸本篤史(BRAVE) VS × 松本遼(フリー)


【セミプロMMA 第6試合 バンタム級 1R 2:36 TKO(パウンド)】
開始そうそうテイクダウンを決めた飯島佐々木、なんとか立ち上がるも再度飯島がテイクダウン。佐々木は下から三角、十字と仕掛けるも飯島の強いパウンドが当たりそのままパウンドアウト。

佐々木陽太郎(BRAVE) × VS 飯島重樹(アライアンス)


【アマチュアMMA 第5試合 ライト級 判定3-0】
 

岡田誠(BRAVE) × VS 高橋 功(KRAZY BEE)


【アマチュアキックルール 第4試合 62kg契約 1R 0:46 TKO】
 

山崎魁翔(BRAVE) × VS 吉田将之(NPOJEFA)


【キッズキックルール 第3試合 30kg契約 3R ドロー 】

西条日々(BRAVE) VS 上田洋輔
(ハイブリッドテコンドー)


【キッズキックルール 第2試合 32kg契約 3R 1:03 TKO 】
 

高橋鴻志(BRAVE) × VS 志賀野真人(GTジム)


【キッズキックルール 第1試合 30kg契約 判定3-0 】
 

伊藤璃空(BRAVE) × VS 市村颯大
(ハイブリッドテコンドー)




チケットお問い合わせ
【チケット販売所 】
BRAVE GYM http://brave-gym.com
出場選手所属ジム

【お問い合わせ】
BRAVE GYM http://brave-gym.com/